現在位置 :トップページ議員提出議案 › 原子力発電所の再稼働を行わないことを求める意見書

議員提出議案の詳細情報

発議案第11号 原子力発電所の再稼働を行わないことを求める意見書

発議案番号 発議案第11号 提出者 藤崎良次
伊藤壽子
萩原陽子
冨塚忠雄
議決年月日 平成27年7月7日 結果 否決
発議案第11号 原子力発電所の再稼働を行わないことを求める意見書

 2011年3月11日に発生した東日本大震災において、東京電力福島第一原子力発電所は大きな被害を受け、重大事故を起こし多量の放射能を放出し甚大な被害を与えました。佐倉市民にもその影響が大きく及んでいます。しかし現在、政府は原子力発電所(原発)の再稼働を進めています。
 そして、国の長期エネルギー政策において、2030年度の電源構成の政府案は次のようになりました。すなわち、LNG(液化天然ガス)火力27%、石炭火力26%、再生エネルギー22〜24%、原子力20〜22%、石油火力3%です。このことは、原発の再稼働を積極的に進めることになります。
 現在、川内原発(鹿児島)は、保安規定が認可され、使用前検査と保安検査が進められています。
 1号機は、7月下旬に再稼働、8月から営業運転、2号機は9月下旬の再稼働、10月営業運転の計画となっています。そして、この計画は最近、1カ月程度遅れています。
 しかし、川内原発は周囲に火山が多く、巨大噴火による火砕流の危険が国内原発では最も高く、原発立地には極めて危険です。原発が火砕流に襲われたなら、核燃料が飛散し収拾がつきません。
 また、事故が起きた際の避難計画も十分ではなく、住民の安全が確保されていません。
 
よって本市議会は、次記事項について強く要請するものである。

                         記

原子力発電所の再稼働を行わないことを求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成27年7月7日

佐 倉 市 議 会

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
経済産業大臣   宛
文部科学大臣
環境大臣

Copyright(c) 2004- 佐倉市議会公式サイト Sakura City Assembly. All Rights Reserved.