現在位置 :トップページ陳情の詳細情報 › 議会にて賛成多数で議決した「八ッ場ダム事業の見直しを求める意見書」の主旨に反し負担金拠出を承認する議会の姿勢について説明を求める陳情書

陳情の詳細情報表示

陳情第38号 議会にて賛成多数で議決した「八ッ場ダム事業の見直しを求める意見書」の主旨に反し負担金拠出を承認する議会の姿勢について説明を求める陳情書

受理年月日 平成26年11月17日 受理番号 陳情第38号
委員会付託日 平成26年12月1日 付託委員会 総務
委員会審査日 平成26年12月8日 審査結果 不採択
賛成少数
議決年月日 平成26年12月15日 議決結果 不採択
起立少数
陳情第38号
  議会にて賛成多数で議決した「八ッ場ダム事業の見直しを求める意見書」の主旨に反し負担金拠出を承認する議会の姿勢について説明を求める陳情書


【要 旨】
平成15年2月議会で賛成多数で議決された本件意見書は、市民に約束した非常に重い議決であると理解します。しかし議会が、その議決された本件意見書に沿うことなく負担金を拠出し続ける(市長提案予算案の承認)姿勢には理解できません。よって議会の責任のもと、市民への明確な説明を求めます。

【理 由】
本件意見書提出から11年余、佐倉市上水道事業の現在・今後を見据えたとき本件意見書の主旨は正に的を得た意見書であったと痛感せざるを得ません。しかしながら、議会は議会として市民に明確な説明もなく、既に約6億円の負担金の拠出に承認を与えています。この事実に市民は「どうして、何故」と思うのではないでしょうか。

以上の様な議会の姿勢は議会の議決を自ら否定し、議会の権威を失墜させるばかりでなく、議会に対する市民の信頼をも損なう重大な行為ではないかと考えます。

ところで、負担金は更に増加し、また給水価格も上昇すると言われております。驚くことに、本件意見書を提出しているにも関わらず既に別途、給水源として霞ケ浦導水事業に約4億5千万円の負担金拠出を議会は承認しています。同事業も今後更なる負担金の増加が予想されます。

当然の事として、議会の議決の結果を受けるのは私たち市民です。特に上水道の問題は、志津霊園問題と異なり、直接個々の市民の生活に大きな影響を与えます。市民の代表として構成される議会は、市民の意思を市政に反映させる機関として、議決した重みを確認し、一連の経緯の説明を求めます。
以上
Copyright(c) 2004- 佐倉市議会公式サイト Sakura City Assembly. All Rights Reserved.